タイプ別の転職

change by type

タイプ別の転職

スキルアップを図るためにより症例の経験を積める病院を目指される方、経験も重要だが、今より良い待遇の病院で働きたいなど医師の方が転職される理由は様々です。
当てはまる物を下記からクリックして下さい。

転職で収入を増やしたい先生へ

転職の条件の中で、最も重要な項目は「給料・報酬」で、いわゆる「希望年収」という項目になります。もちろん給料・報酬は多いに越したことはないのですが、それには当然ながら、見合うだけの職務内容(勤務条件、収益責任、立場など)が関係してきます。しかし同じような職務内容であっても、提示されている給料・報酬の額は医療機関によってさまざまです。医療機関によって経営状態、人事・給与制度が異なるので、当然といえば当然のことでしょう。

転職で収入を増やしたい先生へ

「収入をもっと増やしたい」と考える場合、今まで積んできた職歴や症例経験を活かし、今後どのようにスキルアップを進めていくのかを考え、"経験が積めてより待遇が良い"というニーズに合った医療機関を探すことになります。

給料・報酬については、医療機関の経営状態に大きく左右されるのが内情です。経営基盤が整っているところならば、優秀な医師あるいは特殊な技術を持った医師に、他の医療機関よりも高額な給料・報酬を支払うことが可能となります。これにより優秀な医師を囲い込んで、より磐石な経営基盤を築いていくという善循環が生まれてくるのです。医療機関を選択するにはこのような経営的な要素も重要になってくるため、専門の転職コンサルタントに相談することをおすすめします。

転職を考える女医さんへ

医師国家試験合格者中の女性の割合は年々増加傾向にあり、平成17年には33.7%となりました(厚生労働省統計)。それにも関わらず、現場で働く30代・40代の女性医師の割合には増加が見られません。女性の年齢別就業人口の統計で見ると30代での就業率が著しく低下しており、これには妊娠・出産・子育てが深く関わっています。

転職を考える女医さんへ

女性医師が研修やキャリア形成をする時期は、結婚や出産・育児というライフイベントが発生する年齢と重なります。そのため第一線の現場から離れなければならないケースが多くなります。その場合医師という職業においては、医局の人事から外れたり、技術や治療方法の変化に戸惑いを覚えるたりすることが多く、現場復帰に苦労が伴ってしまうのです。

この現状の中で女性が医師としての活動を続けていくには、保育施設拡充などの育児支援・勤務形態を多様化するといった労働環境の改善・その他再教育支援などの制度が必要になります。医師不足が深刻化する現在、女性医師に働きやすい環境を提供するための取り組みを実践する医療機関が増加しており、現場復帰しやすい環境が徐々に整えられ始めています。しかしまだまだその数は少ないのが現状です。

またこのような情報はインターネットや転職情報誌などで入手できますが、自身で探すには、大変な時間と労力がかかってしまいます。

転職未経験の先生方へ

「もっといろいろな経験を積みたい」、「このまま今の病院で勤務すべきか」など日々悩みながら診療されている医師が数多くいます。既に転職を経験した先輩や同僚、コンサルタントなどの専門家へ相談している先生方もいることでしょう。

転職未経験の先生方へ

医療機関にもいろいろな経営形態、勤務条件などがあります。必ずご自分のニーズに合致する医療機関があるものです。一番大事なのは、自身の持つ仕事観、将来のキャリアアップ及びライフプランではないでしょうか。これらをしっかりと見据えた上で転職を考えていくことが重要です。その際には1人で考えずに、コンサルタントなどの専門家に相談してみることをおすすめします。

具体的に決めておくこと

転職を躊躇していた医師の中からも「思い切って転職してよかった」という声が善く聞かれます。転職に失敗しないためには、上記のようなプランに対する相談も含めた入念な準備が必要です。転職をする際に明確にしておかなければならない項目としては、履歴書と職務経歴書以外に下記の項目があります。

  • 希望年収と査定
  • 勤務条件(勤務日、勤務時間、休日、当直可・不可など)
  • 診療内容(症例経験も含めて)とキャリアプラン
  • 肩書き
  • 医療機関の将来ビジョン
  • その他

転職活動は、上記のような項目に個別の要望・条件などを付け加えて、それらに合致する医療機関を探していくことになります。初めての転職の場合は特に、複数の医療機関と面接をしていろいろと話を聞いてみることも大切です。後々になって自身の選択肢として活きてくることでしょう。もちろん1つの医療機関で合えばそれに越したことはありません。

  • 完全無料転職支援サービス
  • 弊社のコンサルタントの強み

pagetop