医師としての仕事・働き方

  1. 医師のための転職ガイド:HOME
  2. 医師としての仕事・働き方

働き方に合わせた職場

医師として転職活動をするにあたって、「給与待遇など条件の良いところへ」、「自分の専門スキルを活かせる現場へ」、「資格取得や研究が行える場所へ」など、さまざまな“自分のコンセプト”を掲げることでしょう。このコンセプトに沿った転職をするためには「医療機関を知る」ことがもっとも必要であるといえます。さまざまな医療機関の現況を知り、自身のニーズと合致したところを選ぶことが大事なのです。

大規模の病院の場合

大規模の病院の場合

勤務ローテーションや診療システムなどがすでに確立されているため、勤務日数や休暇、当直などの待遇面で「その病院(現在勤務している医師)のシステムに合わせられるかどうか」が大きなポイントとなってきます。また、専門性の高い医師も歓迎されるでしょう。「臨床経験を積みたい」、「症例研究を重ねたい」、「もっと学び進めていきたい」、「現在の専門性を活かしたい」などの希望がある場合には適しています。また専門医取得が可能というのも大規模病院のメリットといえるでしょう。


中小規模の病院の場合

医療の細分化

専門性を突き詰めることよりは、患者さんに総合的に携わる幅広い診療業務をこなす医師が求められます。都市部に比べ、地方に行けば行くほどその傾向は強くなります。外来診療や病棟管理だけでなく健康診断、人間ドックなどのあらゆる場面での活躍が期待されるでしょう。地域に密着して患者さんの「かかりつけ医」となるため、訪問診療などを任されるケースもあります。「いずれは開業したい」、「患者さんと深く接したい」、「プライマリ・ケアを行いたい」という希望を持つ医師の方におすすめします。


求められる医師像

さまざまな医療関連制度の改革・整備が進むこの時代、医療の第一線を担っていくためには、「目指すべき医師像」をクリアにし、「医師として求められる姿」と「それぞれの環境に適応した医療活動」を意識していくことが大切です。

総合臨床能力+一定の専門性

救急医療から訪問医療まで、患者さんの多様なニーズに応えるための臨床能力とそれに見合った一定の専門性が必要です。

患者さんの問題を解決するためのマネジメント

疾患だけでなく、患者さんの生活全体を診るつもりで問題解決に取り組みましょう。

患者さんと構築していく医療

医師の視点のみでなく、患者さんの声に耳を傾けて医療の改善に取り組みましょう。

医療経営に対する細やかな視点

ひとつの事業体である医療機関の責任と公共性を認識しましょう。

所属する医療機関の存在意義を理解し、社会的責任を果たす

医療機関の持つ役割と自身の持つ役割とを理解し、常に背負っている責任を果たしましょう。

集団を率先するリーダーシップ

医師と看護師、技術や事務のスタッフと連携し、建設的な集団形成と医療展開に留意しましょう。

柔軟な精神で役割を超えた相互理解と協力

医師それぞれが診療科目の枠を超えて理解し、率直な相互批判や討議が行える雰囲気を作り出しましょう。

おわりに

おわりに

医師本人の希望する「医師像」だけでなく、患者さんが求める「医師像」があることも忘れてはいけません。しかしそれら全てをカバーしてオールマイティーになろうとするのは大変難しいことです。自身のコンセプトをはっきりとさせ、地域や医療機関のニーズと合致させ、医師それぞれに一番合った勤務先を見つけることがもっとも大切なことだといえるでしょう。

 

自身にピッタリの転職先をお探しなら、医師の転職を徹底サポートするビジネススクウェアの「メディカルサーチ」にお任せください。



ご登録はこちら

このページのトップへ