今は医師が職場を選ぶ時代

  1. 医師のための転職ガイド:HOME
  2. 今は医師が職場を選ぶ時代

職場が医師を求めています!

医療に関するあらゆる事柄が目まぐるしく変化している近年。各医療機関の経営は難しい状況にあります。少子高齢化の進展、失業者数の増加などを受け、社会保険制度も制度存続の危機に瀕しています。患者さんの窓口負担が増えるにも関わらず、医療法や診療報酬改定によって医療機関の収入は減少の一途を辿るばかりです。医療機関は患者さんの在院日数短縮や長期入院の是正など、経営に関しての構造転換を迫られています。またこの動きは今後さらに強まっていくと予想されています。

人材確保が医療経営を左右する

人材確保が医療経営を左右する

このような過酷な環境においても、医療機関は生き残りをかけて他機関との差別化を図る必要があり、質の高い医療の提供を続けなければなりません。そのための「適材適所の人材の確保」は急務であり、最優先課題となっています。この人材確保が今後の生き残りの鍵となるのは間違いないでしょう。

 

しかしながら、急務であるはずの「適材適所の人材確保」は、もっとも困難な課題でもあるのです。医療機関の経営悪化や医師不足に伴って「勤務時間の延長」、「給与の引き下げ」など、労働環境は医師にとって厳しくなるばかりです。「独立開業」という選択が増えているのも、このためでしょう。「独立開業」は、同時に「自分のスキルを活かせる場所で働きたい」、「家庭生活を維持できる場所で働きたい」などの多様なニーズが表面化してきている事実を示しているのです。


医師が職場を選ぶ

医師が職場を選ぶ

上記のように、現代における医師と医療機関の関係は「職場(医療機関)が医師を選ぶ」のではなく「医師が職場(医療機関)を選ぶ」という方向へと変わりつつあります。医師としてこれからの時代を生き抜くためには、「自分に合った職場(医療機関)」を選ぶということが必要不可欠でしょう。スキルを活かして伸ばし、プライベートも充実させる・・・そんな医師としての人生を手に入れるためには、転職コンサルティングの活用をおすすめします。


当サイトを監修する「医師のための転職ガイド」を監修するビジネススクウェアでは、医師の皆様が有意義なドクターズライフを手に入れるための求人転職情報サービス「メディカルサーチ」をご提供しております。私たちは、医師の皆様1人ひとりが最適な職場に出会うため、最大限の努力をいたします。

このページのトップへ